ブログ

基礎ひび割れ経過の確認

乾燥収縮が原因のコンクリートひび割れは、
打設後2~3年目までは増えたり幅が広がったりする。
そのため1年目で確認、処置をしても、完全ではない。

今日伺った家は、1年目で一度確認をして
3年経過した時点で再度、全体を確認した。

結果は部分的に集中してひび割れが増えていたり、幅が広がっていた。
増えた本数は約10本。また幅は0.1mm程度の変化であり、問題は無い。

これで3年経過したため、今後大きな変化はないでしょう。

ひび割れ確認は、緊急を要しないため
もう少し涼しくなってから伺えばよかったと後悔しました。
床下は涼しそうに思えますが、狭いところを動き回るので汗びっしょりになります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影