ブログ

事例976「換気扇ダクトのつぶれ」

今日の午前中は耐震診断2件。

築40,50年前の建物を見る機会は、なかなかありません。

いろいろ手間ですが、勉強になります。

 

■(1)今回の事例______________

「換気扇ダクトのつぶれ」
_______________________

アルミダクトつぶれ

◆写真解説

キッチン換気扇ダクトがつぶれている。
外のフードからのぞいて発見。換気効率が悪くなる。

 

◆内容説明

換気扇のダクト。
アルミのジャバラタイプを使うことが多い。

部材自体が柔らかいため、手で押すだけで簡単につぶれる。
また、傷つきやすく、穴も簡単にあく。

耐火性の問題から、消防や行政の指導で、
キッチンの換気扇にアルミのジャバラダクトが使えない地域もあります。

 

◆対策

器具が付いてしまうと確認しにくい。
工事中にチェックする。

丈夫な耐火性能の高いダクトを使う。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は祝日。金曜日に休みと取ると4連休ですね。

お盆、正月、GW以外の連休は検査が必ず入ります。
明日は遠方への検査。週末もいろいろ予定が入っています。
また、来週は移動も多いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影