ブログ

事例984「フローリングの山」

朝一番目に入った現場で、もめごとがあり
1時間予定オーバー。

その後、予定をぎっしり入れていたため、
余裕のない1日になりました。

 

■(1)今回の事例______________

「フローリングの山」
_______________________

フロアの膨らみ

◆写真解説

フローリングの膨らみ。最大約2CM隆起している。
材料が伸びたことが原因。

 

◆内容説明

入居後、フローリングが膨らんだり、収縮で隙間があくというクレームが多い。

写真はマンションのフローリング。
歩くのに支障があるレベルにもかかわらず
施工者は修理しようとしない。

商品の中には伸びを想定して、巾木下でクリアランスを取るものもある。
施工を間違えると不具合が出てしまう。

 

◆対策

不具合を見つけたら、保証が切れる前に申し出ましょう。

 

==============================

■(2)編集後記

ある業者の現場は、現場監督がほとんど現場へ行かない。
そんな状態でも、検査に入ると指摘はあまり出ない。

固定された職人が、自分の責任できちんと施工している。

多くの現場監督は、段取りに没頭していて、
現場で品質などチェックしている暇はない。

品質を確保するなら、いい職人に造ってもらうことが非常に重要です。
職人任せが不安であれば、第三者検査を自分の手配で入れるべきでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影