ブログ

事例993「断熱材の濡れ」

今月の瑕疵検査数は、過去最高です。
明日の祝日も遠方へ出向きます。

移動が増えると、腰が張るようになります。
痛みが出ないようにストレッチをしておこうと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の濡れ」
_______________________

断熱材の濡れ

◆写真解説

雨の中、躯体を組み立て、壁内の断熱材が濡れた。
確認すると大量の水を含んでいた。

 

◆内容説明

工場で断熱材を入れてくるタイプの商品。
壁パネルは完全防水になっていないため
雨に当たれば断熱材が濡れる。

壁の中は見えないため、ハウスメーカーに任せておくと
濡れたまま完成してしまう。

壁内の濡れた断熱材は、なかなか乾かない。
そのまま仕上がると、カビが発生し、カビの胞子が室内へ飛び散る。

 

◆対策

躯体組み立て時、雨に濡れたら
壁内の断熱材の濡れをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

愛知県で外壁が危ないと言って
外壁リフォームを勧める業者がいるようです。

怪しまれないため、近くで工事をしていて
外壁の不備が目に入ったのでチャイムを押したと言うらしいです。

我が家にも来ましたし、
近所の方にも相談を受けました。

テレビ局の情報によりますと、この手の商法が急増しているそうです。
騙されないように気を付けてください。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影