ブログ

事例995「フローリングの部分的な傾斜」

雪の降りやすい場所からの依頼を受けているため
車のタイヤをスタッドレスにかえました。

いつもは12月中旬くらいでかえるので、今年はかなり早めです。

 

■(1)今回の事例______________

「フローリングの部分的な傾斜」
_______________________

床の傾斜

◆写真解説

フローリングの傾斜が大きい。歩くと気になるレベル。
下地の合板が雨に濡れ、反ったことが原因と思われる。

 

◆内容説明

最近の1階床は、厚さ24mmや28mmの合板を使う現場が多い。
合板の厚みが厚い分、根太を使わなくても済む。

根太がないと合板の固定間隔が広がるため、
合板が変形しやすい。

写真の程度の傾斜であれば、フローリング施工時に大工が気づくはず。
フローリングの施工後に傾斜が増した可能性が高い。

修理は床下から下がっている箇所を上げる。

 

◆対策

1階床は屋根より先に施工するため雨に濡れやすい。
養生を厳重に行う。

 

==============================

■(2)編集後記

愛知県は職人不足の影響が出てきています。
本当に職人が施工したかと思える現場がポツポツ出始めています。
業者が威圧してきても見逃しません。
ひどすぎる場合はやりかえてもらいます。

工期に間に合わせるため腕のいい、悪い。
プロかプロでないか選んでいる場合ではないようです。

全てお任せしておくと、知らない間に隠蔽され、仕上がってしまいます。
まめに現場をのぞいた方が良いでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影