ブログ

事例1004「床下断熱材 種類の不備」

昼間でも気温が低く、現場にいると
靴+厚めの靴下を履いていても、足先がしびれてきます。

夏の暑さもつらいですが、ここ数日の寒さもつらいです。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材 種類の不備」
_______________________


◆写真解説

床に壁・天井用の断熱材を施工。
湿気がこもりやすく、カビなどの原因となる。

 

◆内容説明

床下の断熱材に「壁・天井用」を使用。

機能として大きく違うのは防湿材があるかないか。
あったとしても床下側に防湿シートを施工してはいけない。

床組の木材や床下が湿気なければ影響はない。
湿気た場合は、断熱材内部に湿気がこもり、カビなどの原因になる。

この現場は、大引きなどの含水率が50%近い。
(正常値は15%くらい)
やはり、床用でない断熱材使用の影響が考えられる。

 

◆対策

床下用の断熱材を使用する。

 

==============================

■(2)編集後記

多額の私財を使い、ボランティアをしている方々にお会いした。
用件は建物についての相談。

彼らの活動は、マスコミが取り上げることはなく、世間であまり認識されていません。
もちろん私も認識していませんでした。

マスコミに偏りがあるというよりは、
ボランティアの対象になっている人達に対する偏見の目があるため、
詳しく紹介しにくいのも事実です。

厳しい環境の中でも、地道に活動している姿を見て
いろいろ考えさせられました。

 

■================================■

3月にセミナーを行います。主に建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影