ブログ

事例1012 「アンカーボルト、熱を加え曲げた」

新築検査がひと段落しましたが、紛争ごとが忙しくなっています。

その他、出張の欠陥検査や来週のセミナー準備、
月初の原稿作成も重なり忙しいです。

ここ1週間はこれ以上予定を入れることができません。

 

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルト、熱を加え曲げた」
_______________________

◆写真解説

アンカーボルトの表面が炭化している。
現場で熱を加え曲げようとした。
鉄筋やアンカーボルトは熱を加え加工してはいけない。

 

◆内容説明

埋め込み済のアンカーボルト。
斜めだったものをバーナーであぶり真っすぐにした。

熱を加えることで材質に影響が出る恐れがある。
また、アンカーボルトは表面に亜鉛メッキが施されていて、
メッキ自体に耐熱性は考慮されていない。

熱を加えてはいけないことを職人は知らなかったようだ。
こういうことは、親方が教えないと、知らないままかもしれません。

 

◆対策

コンクリート打設前にアンカーボルトを正しい位置へ固定する。

 

==============================

■(2)編集後記

瑕疵検査の問い合わせが多いです。
検査は丸1日かかりますし、書類を書くにも結構時間を費やします。

平均して1週間に1件しか欠陥検査の予定を入れません。

それでも、急ぎを希望される方が多いです。
理由を聞くと、次の裁判の期日に間に合わせたい。
保証期間が切れてしまうなど。

予定が空いていれば、イレギュラーに予定を組むこともありますが
どうしても予定が組めないこともあります。

瑕疵検査をやろうか迷っている方は、早めに行動を起こすことをお勧めします。

 

■================================■
3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。
資料を配布しますが、それを読むだけではありません。
ライブでしか言えない話も数多く入れていきます。

先日、ある紛争に立ち会った時にふと思いました。
セミナーの中で私が一番伝えたいことと建築業者の方が
私から聞きたいことは同じではないか。

一番伝えたいことを、伝わるように説明します。

 

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影