ブログ

事例1014「ナット、座金がない」

このところ欠陥写真の更新があまりできていません。
もちろんネタ切れではありません。
紛争業務が非常に混み合っています。

 

■(1)今回の事例______________

「ナット、座金がない」
_______________________


◆写真解説

梁の仕口を固定するボルト。ナットが未施工。
社内検査等でチェックされていない。

 

◆内容説明

座金とナットがない状態。
見逃すのが不思議なくらい目立つもの。

瑕疵検査、社内検査のあとの検査で発見。
これ以外にも2箇所、ナットが締まっていなかった。

梁の仕口が固定されていないと、大地震時に梁が抜ける恐れがある。

 

◆対策

ボルト類は全数チェックが必要。

マーキングしていくと見落としは減る。

 

==============================

■(2)編集後記

本日、秀光ビルドに依頼している方から、
業務に支障が出るほど、たくさんの問い合わせをいただきました。

ニュースになって初めて不安を抱く方。
買うときから、安いから何かあるのではと不安を抱いていた方。
いろいろ見えるようです。

私たち業界の内情を知っている者からすれば、
全てお任せするのは危険。どの会社に依頼するにも
疑ってかかるくらいで良いと思います。

この業界は、失敗を隠蔽する体質があります。
現場で隠蔽されてしまうと経営者まで情報が上がらない。
隠蔽するから、失敗から学べず、同じ失敗を繰り返す。

家を買うときは1000万円単位のお金を使います。
その1~2パーセントを品質チェックの費用に回すのも必要だと思います。

あとあと問題が発覚し、裁判を行うと、かなりの費用がかかります。
(弁護士費用、立証のための費用など)
裁判費用が出せなくて、泣き寝入りするケースも多いです。自己防衛が大事です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影