ブログ

逃げる分譲業者

大雨の被害が熊本県の方で出ております。
今年は梅雨時としても雨が多いです。

愛知県も雨がしばらく続き、その影響で検査予定の変更が多いです。
予定が空くと、書類関係の仕事を片付けるようにしております。

 

以前ブログで紹介した、隣の分譲地の造成によって家が傾き、
基礎、外壁が割れた事件。

分譲業者は修理を約束していたが、数ケ月、連絡が途絶え、
ようやく出てきた書面は金銭解決。
完全に元どおりにする費用の3分の1程度で、分譲業者に有利です。

金額査定の詳細は記載されていませんが、おそらく被害者宅の経年による
価値の下落を主に見ているようです。
未だに日本の住宅の価値下落は早く、こういったケースでも
所有者にとっては不利です。

第三者に被害を加えておいて、責任を十分に取らず、
最小限で逃げ切ろうとする分譲会社。
この会社、昨年も紛争に関わった際に、その場では調子のいいことを連発。
工事が完成し、引き渡しを終えた途端、言っていたことは実行されず。

TV局からコロナによるロケの自粛が解除になったと連絡をもらたばかり。
展開によっては、複数のマスコミを入れるかもしれません。

 

 

 

仕上げ不良多発

最近、プレハブメーカーの仕上げ不良現場が多いです。

プレハブと言えども、価格的には住宅では高級ランク。
高いお金を払って品質が悪ければ、トラブルが多くなるはずです。

なぜ、仕上げが下手で雑なのか。
一部の腕が悪く、意識が低い職人を、厳しく指導していないからだと
思います。協力業者として抱え込み、持ちつ持たれつの関係になって
いるのかも知れません。

ローコストメーカーなどは、職人との関係がドライな会社が比較的多い。
条件の良い会社で働くには、腕が良くないと駄目なことを理解しているため、
現場で話をすると、向上心のある職人が多いです。

それと反対にプレハブメーカーの職人に、現場で理由なく威嚇される確率が高い。
第三者として検査に入る性能評価機関も、ハウスメーカーが出資し、検査員はOB
だったりするため、私のような「よそ者」に何か言われることを恐れているようです。

大手メーカーは現場の失敗をきちんとフィードバックする体制ができているはず。
今年後半くらいから、仕上げ不良の揉め事が、減ってくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

紛争中の現場立ち合い2

不同沈下被害の修理要求をしている住宅の
現場立ち合いに行ってきました。

双方の代理人である弁護士も立ち会う中、
施工業者の営業担当が私にこんなことを言った。

「なぜ、沈下したと決めつける。
最初から傾いて施工することもあるだろう」

私が「傾いた家をよく造るのですか」と尋ねたら

とっさに「違う」と答えた。

こちらをけん制しようとして、失言したと思われる。

また、ミスを認めたくないため、こんな発言もしている。
「傾斜の度合いと地盤調査結果を比べて違和感がある」

地盤調査の結果は明らかな軟弱地盤。杭打ちが必要と記載されているのに
杭の施工は省かれた。沈下して当然。何の違和感もない。

依頼者曰く、「とても口達者の営業担当、だから騙された」

この調子ですと、解決まで長くなりそうな印象を持ちました。

 

 

 

 

 

開き直りの対応

久しぶりの長距離移動。
長い移動時間も少し新鮮に感じます。

欠陥住宅の紛争において、ハウスメーカーの対応は様々。
最近多いのは、開き直る対応。

何でも言うことを聞いて対応をするが、裏ではクレーマー扱い。

大手なら、入居後のアフターサービスは
担当者がかわるので、あまり気にしなくても良いですが、
小さな工務店の場合は、入居後のアフターサービスを考えると
そうはいきません。

長期保証が付くケースが増加しているため、
縁を切るつもりでなければ、うまく振舞った方がよいです。

開き直らせた結果、施主側が有利になることは少ないです。

 

 

マンションタイル貼り替え

今日、明日と2日続けて、弁護士同席で新規の紛争相談を受けます。
その後、検査に行くことになるでしょう。

来月は、すでに欠陥検査予定がたくさん入っております。
移動自粛の影響から、遠方の欠陥検査を保留していたことも要因です。

あまり世間では話題にはなりませんが、欠陥問題は多いです。

事務所近くの賃貸マンション(10階建て)が築5年で全面足場を掛けた。
大規模修繕には早すぎるため、雨漏りか、タイルの剥離の修理だと予想をしておりました。

先週ようやく足場が取れました。
予想通り剥離のため、タイルの部分貼り替えを行ったようです。
見たところ20%くらい、貼り替えています。
(色違いが出るため、分かりやすい)

工事中にチェックをきちんとしておけば、必要のない作業、費用です。
知名度の高い大手企業の施工ですが、このようなミスは起きます。

 

 

経営への影響

欠陥住宅の裁判。
私がサポートする事件のほとんどは和解により解決しておりますが、
現在、今夏くらいまでに判決が出る事件が2つあります。

建築業界の新型コロナウイルスによる、経営への影響は
時期が遅れてくると予想しております。

判決が出る頃、相手業者が計画倒産しなければよいですが。

今月末以降、さらに外出規制が続けば、打合せ~引き渡しまでの
期間が短い会社ほど、早期に影響が出てくると予想しております。

見込みのお客さんを多く抱え、引き渡しまでの期間が長い会社は
影響が少ないと思います。

 

 

 

 

 

耐震診断のミス

少し前にリフォームのトラブルが多いことを書きました。

耐震補強の計算結果を不審に思った方から依頼あり、
本日、私の方で計算をし直すと、安全だという結果から点数が半減、
倒壊する可能性が高いになった。

でたらめな入力箇所が多数。
経験も少なく、規定を理解せずに計算していると思われる。

入力ミス防止策として
役所の耐震診断では3重にチェックが行われています。

計算方法を忘れないように、私は今でも年に数件、
役所の耐震診断を引き受けております。

現在、構造関係の計算は、パソコンを使うため、
電卓をたたくことはなく、自動で計算されます。
計算類は、正確な入力が全て。
最低でもダブルチェックが必要です。

※過去に計算結果を切り貼りでごまかしていた例があり、
建物規模によっては、入力内容だけでなく、
同じソフトによる計算で間違いがないかを確かめるケースもあります。

 

 

リフォームトラブルが多い

このところリフォームトラブルに関わることが増えております。
今日も午後から弁護士立ち合いの元、現場を見てきました。

新築の場合、企画商品であれば、設計力が低くてもトラブルは起きにくい。
また、同じ仕事の繰り返しのため、施工ミスも出にくい。

リフォームは現場状況が一様でなく、依頼者の要望も様々。
ミスが起きやすい要件が揃っております。

複雑なリフォームほど、優秀な業者選びが重要です。

 

裁判書類

たまっていた仕事がやや片付いてきたところで
今週、欠陥検査が2件。また、書類作成が増えます。

大手ハウスメーカーから新たに出てきた準備書面。
最初内容を読んだときは、まじめにやる気がないと感じました。

1日あけて考え直してみると、嘘を簡単に見破れる書面を
優秀な人材をそろえた会社が出してくるのかと疑問に思い、
何か裏がありそうだと感じております。

ストレートに反論すれば、向こうの思うつぼ?
考えすぎだと良いですが。

裁判書類は、外に公開されることがないため、好き勝手に書きたい放題。
お見せできないのが残念です。

 

黒いものを白と言わせる

今日は1日欠陥住宅検査。
今月、来月は欠陥住宅検査が多いです。

第三者委員会、第三者検査・・・
第三者であることは確かでも、中立でないケースもある。

ハウスメーカーが依頼する外注検査。
第三者検査ではあるが、現場に来た検査員は、監督の顔色を気にしている。

監督は自分の仕事を増やしたくないため、
いろいろ指示をされるのを嫌います。

知り合いの建築士がアルバイトで検査業務を引き受け
厳しく検査をしたところ、雇い主から注意を受けたという話もある。

先日、紹介しました造成工事で隣家を傾斜させた事件。
傾斜や基礎が破壊した事実を記載した書類を送りつけたところ、
「自社で依頼した調査会社は問題ないと判断している。
修理の必要性はない」という回答が来た。

こんな回答に納得すると思っているのでしょうか。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る