ブログ

無茶な要求

この仕事を20年以上やってきて、初めて多額の
値引きを要求されました。

内容は欠陥住宅検査と別途、時間がかかりそうな
雨漏り検査。合計金額の約25%に相当する雨漏
り検査を無料にして欲しいとの要求でした。当然、
検査自体を引き受けるのを断りました。

詳しくは分かりませんが、請負代金などを大幅に
値引きさせ、粗悪な工事や手抜きをされたのかも
しれません。

欠陥住宅の問題においては、被害者だから無料で
助けて欲しいという要望は、過去にいくつかあり
ました。ボランティア団体ではないですし、それ
をやってしまうと、費用を払って依頼してくれる
大勢の方に申し訳ないため、一切、無料対応はし
ておりません。

検査も紛争も先に結果が分かりません。そのため、
各業務において、最大限の結果を出すために、手
抜きは厳禁です。値引き分、手を抜けば、良い結
果になるはずはありません。

人を見て、適当に金額を決めていると思われたく
ないため、検査料金はホームページに表示してい
ます。いろいろ追加で費用が増した場合など、端
数を落とすことなどはしております。

夏場のカビ

毎年9月から10月頃、カビの原因特定調査依頼が
増えます。

7,8月頃にカビが発生し、施工業者とやり取りし
ている間に時間が過ぎ、発生のピークを越えてから
の依頼となります。

昨日、欠陥住宅検査に行った家は、カビ被害が発生
しているにも関わらず、業者が逃げたため、家全体
を調べて欲しいという希望で伺いました。

家の仕様が高断熱、高気密化しています。水蒸気の
影響を設計で深く考えられないと、結露やカビが発
生します。今回、設計ミスがカビ繁殖の原因でした。

建築会社は、弁護士を立てて、施主を黙らせるつも
りでした。しかし、その行為が、欠陥検査を入れる
きっかけになり、検査で違法建築、不同沈下等も判
明、重大な不具合が露わになりました。

しばらくすると、施主側の弁護士から通知が届き、
自らの対応の悪さで「墓穴を掘った」ことに後悔
するでしょう。

直感があたる

家を購入後にいろいろ不具合が発覚、
もっと大きな手抜きをされているのではと疑い、
調査依頼。検査をしてみたら、やはり、今時あり
得ない、手抜きが発覚した。

この仕事を長くやっておりますが、家に関する直感
や予感は、当たることが多いです。

何か不安を感じた時は、早めに調べることをお勧め
します。


大工仕事

1階床に点検口をあける、現場立ち合いをしました。
少々の作業は、自分でも行いますが、難易度が高い
のは丸鋸を使った作業。今回は、施工業者の手配で、
大工さんがあけました。

丸鋸による細かな作業は、難しくかつ、危険なため、
素人が手を出さない方が、良いと思っております。
もちろんDIYなら構いません。

最近はカビの検査などで壁を開けることが多いです。
ビスを締める、緩める、釘を抜く、石膏ボードを
あける、外壁を一部めくるなどの作業は、検査時に
対応しています。


欠陥検査のお勧め

一時、依頼が集中した欠陥住宅検査の書類作成が
ようやくひと段落しました。

各現場の内容を振り返ってみると、
「カビ、雨漏り、ひび割れ」などの解決が目的で検査を依頼。
検査をしたら、不同沈下、構造躯体の強度不足など、
建築主自身では気が付かなかった重大な不具合が発覚する
パターン。

そもそも、地盤や躯体等、重要なところがきちんとできて
いないので、雨漏りなどの目に見える不具合が発生する
確率が高い。

何か家に異常を感じたら、家全体の検査をしてみることを
お勧めします。修理請求ができる瑕疵担保責任期間中の
築10年以内にできるだけ検査をしましょう。

職人の反論

新築工事中の検査。2つ前のブログに書いた「保証検査会社」が
検査したあとに私が1日遅れで検査に入った。

指摘を出すと、職人からこんな反論がありました。
「○○○(保証検査会社の名前)」の検査に合格したので、
問題はない。

指摘内容は明らかな施工不良で、告示に違反しているため、
「そうですか、では問題ないですね」とはなりません。

昔から、この手の反論は裁判でも、よくあります。
私からすれば、聞き慣れた内容です。

それでも、検査自体はやらないよりはましです。
重大なものは見逃さないと思いますし、
複数の目で見ることは非常に重要です。

マンション検査

連休最終の土日は、マンションの検査でした。
土曜日、朝6時の飛行機に乗るのに、1時間も寝坊してしまい
起きてすぐ、パニックに陥りました。
すぐに冷静になり、搭乗までのタイムスケジュールを組み直し、
余裕の時間が無くなりましたが、無事搭乗できました。

普段は木造の検査がメインですが、社会に出て10数年、鉄骨、
RCばかりやっていたため、マンションの検査も対応してます。
今回も原因を無事特定することができ、良かったです。

昨日の帰り、空港などはかなり人出でしたが、乗った飛行機は、
出発時間が遅いため、予想より空いてました。

本日、移動疲れも残っておりますが、それより、気温差で終日、
寒気を感じております。



検査をして業者から恨まれる

最近、検査でかなりのダメ出しをした現場があります。
施工者側は、指摘を今後の品質向上など、前向きに
とらえてくれれば良いですが、今回のケースでは、
後ろ向きにとらえてしまっているようです。

やり取りしている対応から感じ取れる印象は、
指摘を受け、修理をするのにお金がたくさんかかる、
余計なことをしてくれたと思っているようです。

最近、ある業種で検査不正のニュースがありました。
住宅業界を掘り起こせば、不正のニュースは大量に
出てくるのは確実で、今現在でも、大手ハウスメーカーの
商品、品質不良の情報をいくつか持っております。

資材高騰で利益が圧迫される中、今後、品質確保のコスト
を切ってくる企業が増えると思います。

欠陥住宅被害者にならないためには、消費者側が自己防衛
することも重要です。

無くならない大手メーカーの施工不備

このところ、大手ハウスメーカーの重大な欠陥を
続けて発見しています。
大手メーカーだから安心だと思っていた施主さんは、
不具合の内容を告げたときのショックは大きいです。

素直に補修等の対応をしていただければ良いですが、
発覚した不具合が、メーカー全体の問題に及ぶ可能性が
高いケースでは、問題をなかったことにしようとする
圧力が高まります。

大手ハウスメーカーは、地元工務店に比べ、商品は規格化
され、施工マニュアルや職人の教育等が充実しているため、
一般的には、欠陥住宅になる確率は低いです。

とはいえ、どれだけマニュアルや、教育等しっかりしても、
職人が故意に手を抜くことだけは、無くすことができない
ため、一定数、不具合が発覚する現場が出てきます。

職人の数も多いため、手を抜かないような意識改革の徹底が
難しく、また、社内検査も厳密に行われていないため、不具合
をゼロに近づけられないのだと思います。

 

瑕疵保険の検査は何のため?

基礎のかぶり不足の指摘に対し、(非破壊検査で発覚)
業者は瑕疵保険の配筋検査に合格しているので
かぶり不足はないと主張。

裁判所から瑕疵保険会社へ検査について質疑を出したところ
保険会社からの回答に以下の記載があった。

「本検査は、住宅に瑕疵がないことを確認するものではない」

瑕疵保険の費用は施主が払う、この内容を聞いたら、
大半の方ががっかりすると思います。

最近は、瑕疵保険の検査以外に、ハウスメーカーや工務店が
外注の検査会社に検査を依頼しているケースが増えている。
私から見れば、これらの会社も瑕疵保険会社とレベルは同じです。
根本の問題は、検査員のレベルが低いのではなく、言いたいことを
言えない、本部の方で指摘範囲を狭めていることです。

住宅メーカーの営業で、瑕疵保険の検査、中間検査があるから
弊社のような第三者検査は無駄だと言う人が多い。
今回の回答から、それが間違いであることがはっきりしました。

公的な検査が増え、さらに着工数が減っているにも関わらず
品質不良が減らない理由は、検査が事務的になっているからです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影