ブログ

事例1186 「天井断熱欠損」

毎年、梅雨の前半は雨が少ない印象ですが、
今年は雨量が多い予報です。今日もかなり降りました。

昨日くらいから、猛烈に蒸し暑さを感じてます。
その中でマスク着用はつらいです。

 

■(1)今回の事例______________

「天井周囲の熱」
_______________________

◆写真解説

最上階天井の外壁際、天井裏の熱が伝わっている。
壁と天井との取り合い部、断熱材に隙間ができる納まりになっている。

 

◆内容説明

天井際の温度差、5月で4度。真夏、真冬はさらに温度差が出る。
全体の天井面積からすれば、欠損部分は約3%ほど。
40坪総2階の家であれば、畳1枚分くらいで、
大きな天窓が付いているようなもの。

これを許容範囲とするかどうかは、家に求める省エネ性能によって違います。

少し、施工の納まりを改善するすれば、無くすことができる内容。

 

◆対策

家の省エネ化が進む中、各社で省エネ性能に関する考え方はいろいろ。
どのレベルの性能を求め、実際にその性能であるのか判断する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今年の住宅着工数の予想が出てました。
前年度約20%減。元の数字に戻るのは2年後。

一律平均して20%減が2年間であれば、多くの会社は持ちこたえられます。
だが、このような状況の中で、業績を伸ばすところもあるので、
20%以上減らす会社も出てくると思います。

第2波が来ないことを願います。

仕上げ不良多発

最近、プレハブメーカーの仕上げ不良現場が多いです。

プレハブと言えども、価格的には住宅では高級ランク。
高いお金を払って品質が悪ければ、トラブルが多くなるはずです。

なぜ、仕上げが下手で雑なのか。
一部の腕が悪く、意識が低い職人を、厳しく指導していないからだと
思います。協力業者として抱え込み、持ちつ持たれつの関係になって
いるのかも知れません。

ローコストメーカーなどは、職人との関係がドライな会社が比較的多い。
条件の良い会社で働くには、腕が良くないと駄目なことを理解しているため、
現場で話をすると、向上心のある職人が多いです。

それと反対にプレハブメーカーの職人に、現場で理由なく威嚇される確率が高い。
第三者として検査に入る性能評価機関も、ハウスメーカーが出資し、検査員はOB
だったりするため、私のような「よそ者」に何か言われることを恐れているようです。

大手メーカーは現場の失敗をきちんとフィードバックする体制ができているはず。
今年後半くらいから、仕上げ不良の揉め事が、減ってくるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

約定性能違反

民法改正で「瑕疵」を「契約不適合」と呼ぶようになった。

文字だけ見ると大きく変わりましたが、
基本的な中身が変わったわけではありません。

最近よくあるのは、契約内容の食い違い。
まさに「契約不適合」。
中でも耐震や省エネに関する事が多い。

営業担当者が専門家ではないため、建て主の要望を誤って理解。
設計に伝わった時、要望と食い違っている。

家の性能に関することは、具体的に伝えることが重要です。
数字で表せることができるものは数字を伝えましょう。
例) 耐震等級3、C値(相当隙間面積)1以下など。

また耐震等級は、よく確認をしないと、
「耐震等級3相当」と表示し計算していないケースもあります。

構造や省エネなど、家の仕様に関することは、
あとあと修正が難しいため、計画の段階で要望が間違いなく
伝わっているか確認することが重要です。

住宅の性能を解説しているユーチューブチャンネルが増えてます。
建て主が簡単に知識を得られるため、商品が古いハウスメーカーや
性能の低い家を提供している工務店にとっては脅威になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

遠方の検査

遠方の現場に車で移動。
高速道路は、区間によっては、かなり交通量が多くなっています。

毎回、高速道路で目にするのが煽り運転。
今日の帰り、目の前で行われていました。

関わらないことが一番です。

 

遠方の検査は、交通費などで検査料が高額になってしまうため、
料金で検査をあきらめられる方が多いです。

ただ、掛け捨て保険のように、万が一のためと依頼いただくケースもあり、
検査に行くと重大な問題があることが多い。

今日行った工事中の現場でも、構造的にかなり重大な事にも関わらず、
瑕疵保険の検査や社内検査で指摘されない内容を指摘してきました。

あとからでは発見できない内容。
不具合が隠蔽されなくてよかったと思います。

 

 

現場の安全

先週の水曜日、名古屋市守山区内の名鉄瀬戸線高架工事現場で
資材が架線に引っ掛かり、切れて停電。
4時間ほど電車が止まりました。

一部を除き、安全対策のため、それ以降工事が止まっています。
線路横での工事で、安全対策レベルを高めていても事故が起きます。

住宅の現場の安全対策は、ゼネコンに比べればかなり緩い。
高さが低く、事故が起きる確率が低いため
足場の安全基準を守っているのも一部の大手だけ。

また、ヘルメット着用率が100%も大手だけ。
一部の会社は、工事看板に場内ヘルメット着用と書いてあるのに
現場監督自身がヘルメットをかぶらない。

安全対策がだらしない現場は、会社自体がきちんとしていない
印象を持つと思います。

事務所や展示場以外に、工事中の現場を見るのも
その会社を判断する材料になります。

 

 

 

 

 

20年前の法改正

最近、3件の現場で同じ内容の基準法違反を指摘しました。

法改正は20年前。20年間、法改正を知らずに
施工していたことになります。

確認申請時と中間、完成の現場検査以外、
確認検査機関が確認出来ない部位については、設計、監理者である
建築士が確認する必要があります。

 

たくさん建てている業者ほど、外から指摘を受ける確率が高いため
違法な施工があれば、早期に気づきやすい。

3件の中の一つは大手。
あまり数が出ない商品のため、今まで指摘を受けなかったと思います。

ある程度の頻度で、自社商品が法に適合しているか、
造る側においても、自ら外部のチェックを受けることも必要だと思います。

 

 

 

 

 

紛争中の現場立ち合い2

不同沈下被害の修理要求をしている住宅の
現場立ち合いに行ってきました。

双方の代理人である弁護士も立ち会う中、
施工業者の営業担当が私にこんなことを言った。

「なぜ、沈下したと決めつける。
最初から傾いて施工することもあるだろう」

私が「傾いた家をよく造るのですか」と尋ねたら

とっさに「違う」と答えた。

こちらをけん制しようとして、失言したと思われる。

また、ミスを認めたくないため、こんな発言もしている。
「傾斜の度合いと地盤調査結果を比べて違和感がある」

地盤調査の結果は明らかな軟弱地盤。杭打ちが必要と記載されているのに
杭の施工は省かれた。沈下して当然。何の違和感もない。

依頼者曰く、「とても口達者の営業担当、だから騙された」

この調子ですと、解決まで長くなりそうな印象を持ちました。

 

 

 

 

 

紛争中の現場立ち合い

現在、裁判中の現場に行ってきました。

この現場を検査し、商品欠陥を複数指摘をしております。

それについて、まともな反論、回答はなし。
こちらの突込みに対し、話を逸らしています。

私が察するには、非を認めてしまうと
今まで何千件、何万件も建ててしまっているため、
10年くらいさかのぼり、修理をする必要が生じることを心配している。

他のメーカーでも商品欠陥は、結構あります。
自社の開発部が最高だと思っていることが、
他所から見ればおかしいことがたくさんある。

他所から指摘を受ける機会がないため、
おかしなまま、改良されずに売り続ける。

欠陥商品を買ってしまう、消費者の方は気の毒です。
(家を購入予定の方は、メーカーを決める前に相談してください)

現在裁判中なので、国土交通省などへの通告を控えておりますが、
裁判が終わるまでにメーカーが、
こっそり商品改良してくると予想しております。

 

 

 

事例1185 「基礎がブロック」

今月より事務所での面談も再開したいと思います。

打合せテーブルには、アクリル板を設置するなど
できる限りの対策を講じます。

引き続きオンラインでの対応も致します。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎がブロック」
_______________________

◆写真解説

耐震補強工事をした家。新設した耐力壁下の基礎がブロック。
これでは耐力壁が有効に働かない。

 

◆内容説明

告示に以下の記載がある。
「木造住宅の基礎は鉄筋コンクリート造とする」

基準を調べなくても、耐力壁下の基礎がブロックで良いとは
素人さんでも思わないでしょう。

床下の狭い空間で鉄筋コンクリートの基礎を造るのは手間がかかる。
手っ取り早く、ブロックで造ってしまったと思われる。

ブロックでは耐力壁にかかる地震力を受けきれない。
基礎まできちんと施工し、耐震壁が成立する。

 

◆対策

補助金を使う、耐震リフォームは役所のチェックが入る。
構造面において、設計と施工を分離するなど、施工者以外のチェックを入れる。

 

 

==============================

■(2)編集後記

いろいろな現場を見てきて、以下の2通りの現場が多いと感じます。

1、社内検査をしていなくても職人が責任をもって施工し、問題が少ない現場。

2、職人の品質に対する意識が低く、社内検査をしているが、
その検査レベルも低いため、問題が多く残る現場。

1の職人さんの考えは、不具合で現場に呼び戻されると時間のロスになるため、
自分でチェックを欠かさない。失敗したらやり直す。
このタイプの職人さんで、さらに社内検査をきちんとすれば、
不具合が起きる確率はかなり低い。

2の職人さんは、社内検査が緩いことに甘んじて、
失敗しても直すのは面倒。言われたら直せばいいという考え。
社内検査のレベルが低い場合は、施主さん自身が目を光らせる必要があります。

私のデータでは、1のタイプはローコストメーカーに多い。
効率化を図らないと、儲からないシステムが要因になっていると思います。

2は意外にも大手ハウスメーカーに多い。元請けの力、縛りが強く、
職人の自立性を阻んでいるかもしれません。

 

 

 

開き直りの対応

久しぶりの長距離移動。
長い移動時間も少し新鮮に感じます。

欠陥住宅の紛争において、ハウスメーカーの対応は様々。
最近多いのは、開き直る対応。

何でも言うことを聞いて対応をするが、裏ではクレーマー扱い。

大手なら、入居後のアフターサービスは
担当者がかわるので、あまり気にしなくても良いですが、
小さな工務店の場合は、入居後のアフターサービスを考えると
そうはいきません。

長期保証が付くケースが増加しているため、
縁を切るつもりでなければ、うまく振舞った方がよいです。

開き直らせた結果、施主側が有利になることは少ないです。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る