ブログ

ネットの影響

先日のセミナーで私が5月に出演したTV映像を流しました。

TVに出たことを自慢するためではなく、
その内容から学んで欲しいことが2つあるため、紹介しました。

もちろん相手業者名は画像でも、口頭でも公表していません。
それにも関わらず、セミナーに参加していた方が、スマホで検索をして
相手業者名を知りました。(あとから個人的に質問があり、知りました)

おそらく、地域名と欠陥現象で検索をかけたと思います。
私も検索してみたら、業者名が出てきました。

TV放送だけでは、検索で業者名を見つけることは難しいです。
被害者である施主さんのSNSでの書き込みに、検索が引っ掛かります。

この事件は、ようやく相手が非を認めました。
当初、強気で非を全く認めなかった相手を精神的に追い込んだのは、TVとネットの影響でしょう。
今回TV局が3回入り、さらに施主さん自身がネットで拡散させたことが、相手を苦しめたと思います。
(TV局は欠陥であれば何でも撮影してくれる訳ではありません。内容が重大でないと無理です)

私はインターネット黎明期と言われる2000年頃にこの仕事を始めました。
最初は、自分でホームページの作り方を覚えたり、スマホが出ればすぐに使ったり
いろいろ使いこなしてきて、今でもそこそこ詳しいほうだと思います。
ただ、ツイッターやフェイスブックなどは、私の立ち位置を考え、控えております。

住宅紛争におけるメディアの使い方、ネットでの圧力のかけ方は、この業界で詳しいほうだと思います。
TV局が何を求めているかも分かりますし、個人での発信も、何をすべきか、
何をしてはいけないかがわかります。
ただ、年々SNSなどは変化をしていくので、情報を常に新しくする必要があります。

メディア(マス、パーソナルコミュニケーション)を使った解決も増やしていきたいです。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影