ブログ

事例1038 「けた行き筋交い未固定」

一昨日の夕方から、急な検査、長い打ち合わせ、
予定時間を大幅にオーバーする検査など、
食事をする暇もないくらいバタバタしていました。
何とか、複数の締め切りごとも予定どおり完了。

今日は、新幹線移動など、移動時間が長いです。

 

■(1)今回の事例______________

「けた行き筋交い未固定」
_______________________

◆写真解説

小屋裏の変形を防ぐ、けた行き筋交い。
小屋束への釘打ちが未施工。打ち忘れ箇所が多いと構造的な影響が出る。

 

◆内容説明

1,2箇所程度では大きな問題にはならないが、ほぼ全体で打ち忘れていたり、
留めつける釘が小さなケースがある。

全体を打ち忘れているケースは、躯体組み立て時に仮止め。
その後、全体の固定を忘れる。

構造検査時に確認できる箇所。
ただし、釘頭は2階床から見上げる場合、見にくいため、見落としやすい。

正しい施工は、N50 2本平打ちする。

 

◆対策

目を凝らば、2階からでも確認できる。
構造検査時にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

先週、高校の先生と話をする機会がありました。
大学の工学部の受験話になり、今は機械、建築系が難しく、電気工学はその下のランクらしい。

私の時代は、今と正反対。電気工学系に入るのが圧倒的に難しかったし、
電気工学科の学生は、勉強ができるレベルが違った印象があります。

建築業界、職人や現場監督は人気がない反面、大学は人気。
何となく、理由は分かります。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影