ブログ

施工者の義務

紛争中の事件において、基準法などに抵触しない瑕疵については、
「施工上の義務に違反していない」と主張されることがある。

施工上の義務とは何か?明快にするのは、はっきり言って難しい。

不具合があって建物の使用上支障がある。建物耐久性に影響がある。
将来的に危険な状態になる可能がある事項においても逃げてくるケースは多い。

また、裁判でも逃げきれてしまうケースもある。
業者選びや施工中のチェックが重要です。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る