ブログ

設計事務所の愚痴

設計事務所を個人でやっている建築士が、人気のある工務店の現場を見て
「図面の種類が少ない、図面の内容が薄い、設計者の能力が低い」など
検査と直接的に関係がないことを書類に書いていた。

設計事務所の看板を掲げる限り、設計に力を入れる。
一方、規格住宅の会社は、コストを抑えるため、設計は最小限しか行わない。

設計事務所から見れば、手抜きだと思うが、それが一般的には多いし、
問題になっているわけでもない。
施主は、コストダウンという恩恵を受ける。

木造2階建ての構造審査省略の廃止(4号特例廃止)が実施されないのは、
廃止になると設計の手間が増え混乱するビルダー、メーカーの力が強いからだと思う。

そう考えると、いくら図面が少ないなどと批判したところで、何も変わらない。

住宅では、圧倒的に設計事務所に依頼する率が低い。
この人も売れてないから、副業で検査の仕事もやっていると思われる。
売れている会社を嫉み、書類で批判することに喜びを感じているくらいなら、
もっと宣伝するなど、設計事務所のアピールをしたらどうかと思う。

以前、ある建築家の人と会食した時、こんなことを言っていました。
「なぜ、俺の才能が世間に知れ渡らないのか」

どんな宣伝をしているか、聞いてみると
ホームページだけで、フェイスブックなどの広告には一切費用をかけない。
また、自分の信念で賞にはエントリーしない。(落選すると名誉が傷つく)

こんなタイプの方が多いので、探す方も大変です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影