ブログ

事例1039 「排水管逆勾配」

今週末から、遠出が多くなります。
新築検査に余裕があるため、愛知にいる日が少なくても問題ありません。

名古屋は暑いので、この時期、出張していた方がいいです。

 

■(1)今回の事例______________

「排水管逆勾配」
_______________________

◆写真解説

洗濯排水管の勾配が逆。
今までの検査データから洗濯、キッチン排水に逆勾配が多い。

 

◆内容説明

排水管勾配が反対。
解説に書いたように、洗濯やキッチンの配管に多く見られる。

複数の水道屋さんに話を聞けば、理由がわかると思う。

配管勾配は管径65mm以下は1/50。
75,100mmは1/100が最小勾配。

納まり的に勾配が規定を下回るケースもあるが、逆勾配は容認できない。

 

◆対策

完成時に配管勾配を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

工事現場の長時間労働が問題視されています。

この業界も、昔から労働時間が長い。
私も入社1年目は、毎晩1時ころまで仕事していた。
週に2回くらいは、その時間から飲みに付き合わされて、非常にハードだった記憶しかない。
また、資材が盗まれないように、現場で寝ていたこともある。

現在、現場所長など責任者が私と同年代だと思う。
長時間労働を当たり前に経験しているため、それがおかしいと思わないかもしれない。

時代が労働時間短縮に向かう中、建築現場がどう対応するのか
以前から気になっていました。

住宅メーカーなど見ていると、仕事に支障が出ても、
強制的に残業をやめ、休みを取っている感じを受けます。

根本的に何かを変えていかないと、どこかにしわ寄せが来ると予想します。

ロボットや人工知能などによる改革が必要な業界だと思います。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影