ブログ

事例1042 「アンカーボルトの錆」

今日は昨日と一転、蒸し暑かったです。
久しぶりに汗もたくさんかきました。

明日は、大手メーカーの手抜きを暴く検査。
申し訳ないと一度は言いながら、態度を一転、逃げています。

大きな現場で1日かかりっきりになります。
遅くまで検査する予定で、連絡が取りにくいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルトの錆」
_______________________

◆写真解説

約築50年の家。アンカーボルトが錆びて膨張、コンクリートを割っている。
躯体が基礎に緊結されてなく危険な状態。

 

◆内容説明

意外ですが、木造のアンカーボルトに関する規定は基準法や告示でうたわれていない。
品質においても、指定建築材料から外れているため、法的な制限を受けない。

役割的には重要な部材であり、建築学会やフラットの仕様書などでは、
きちんと規定が決められている。

今回の例は、錆に対し50年持たなかった。
今現在は長期優良住宅が一般化。
アンカーボルトは交換することができない。家を壊すまで持たせる必要がある。

裁判で品質が疑わしいアンカーボルトの使用を瑕疵だと主張したことがある。
特に違いがあるのがメッキの性能。
耐久性に関わることであるにも関わらず、主張は退けられた。

 

◆対策

木造住宅で使用する構造金物。
Zマークなどの品質が確かである認定品を使用する。

 

==============================

■(2)編集後記

単発の検査申し込みがかなり入っております。
新築検査の予定を優先しながら、順番にこなすため、現在の待ちは約2~3週間。
内容と場所によっては早めに予定を組めることもあります。

依頼するかどうか迷っている場合は、予定を押さえることもできません。
検査を急ぐ場合は、早めに検討されることをお勧めします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影