ブログ

事例1047 「火打ち梁 緊結不良」

このところ続けて、そこそこ有名な住宅メーカーが倒産している。

詳しい内容まで分かりませんが、忙しくて倒産することもある。
この業界、人出不足などの問題もあり、しわ寄せが拡散しないとよいですが。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁 緊結不良」
_______________________

◆写真解説

鋼製の火打ち梁。ボルト部の座金+釘3本未施工。
認定内容どおりでなく、緊結不良な状態。

 

◆内容説明

Zマーク表示金物の鋼製火打ち。
必要な座金、釘が未使用。

(マーク表示金物は、公益財団法人日本住宅・木材技術センターが
1978年に軸組工法用接合金物として制定した規格金物)座金や釘は、別売りでなく、一緒に送られてくる。
大工の勝手な判断で使用されていない。

規格に適合した内容で施工を行わないと、強度が確保できない。

 

◆対策

使用する金物の施工要領を確認し、大工へ指示する。検査をする。

 

==============================

■(2)編集後記

社内検査を現場監督が行っている会社が多い。

現場で見ていると、頻繁に電話をしている監督もいる。
仕方がないかもしれませんが、検査に集中できないでしょう。

私は、携帯を持って現場に入ることはありますが、検査中は電話に出ません。

集中を切らしてはダメだと思うからです。

裁判書類や欠陥検査書類の作成時も、まとめに入る時は一切、電話に出ません。
支障がない早朝に行うケースが多いですが、予想以上に時間が押し、
昼までかかることもあります。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影