ブログ

事例1048 「フローリング仕上げ不良」

この連休は、台風の影響で高速道路もほとんど渋滞なし。
スムーズに移動できました。

 

■(1)今回の事例______________

「フローリング仕上げ不良」
_______________________

◆写真解説

フローリングが斜めに張られている。
クローゼットの扉に対し、溝のラインが水平でない。
施工不良。

 

◆内容説明

過去、躯体自体が菱形で組まれ、壁のラインとフローリングの溝が
水平になっていない家があった。(現在、裁判中)

今回紹介した例は、躯体精度に問題はない。
大工の施工ミスによって斜めに張られた。

床の機能的には問題はないが、正しい施工ではなく、見るたびに気になる。

プロでない大工が施工した疑いがある。

 

◆対策

完成時、施主検査などで仕上がり具合をチェックする。
(弊社が行う完成時の検査は仕上げ不良もチェックします)

 

==============================

■(2)編集後記

昨日は、来月のセミナーの資料つくりに時間を割きました。
2時間の講演で、半分以上は初めて披露する内容です。

日経さんのセミナーに比べると自由度が高く、
内容を前もって提出する必要はありません。
また、主催が公益社団法人のため、講演料はいつもより格安ですが、
やるからには手を抜きません。

これ以外に、原稿や意見書などの締め切りが迫っています。
現場予定も多いですが、文字を打つ時間が多い週になりそうです。

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影