ブログ

事例1054 「洗濯排水接続部の隙間」

今回の台風で、自宅や事務所のある名古屋東部は、
特に大きな被害はなかったようです。

午前中に行った現場は足場がぐらぐら。
強風で揺れが激しく、やや緊張しました。

 

■(1)今回の事例______________

「洗濯排水接続部の隙間」
_______________________

◆写真解説

洗濯排水、床下の接続口。隙間があり、下水臭が漏れている。
悪臭の原因は接続不良が多い。

 

◆内容説明

一般的な接続方法ではありませんが、新築の家で撮影した写真。
臭いを防ぐトラップは、この上にあるため、下水の臭いが隙間から出てくる。

住宅の問題で臭い、音も多い。
特に配管はきちんと流れること以外に、臭い対策を講じることも重要です。

 

◆対策

完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥検査後、書類を受け取った業者が怒っているという話をよく耳にします。

「誰だ検査した奴は、どんなレベルの奴だ」など。

怒りの原因は、修理にお金がかかるから、腹が立つ。(お金の損失)
きちんと造らない事に原因があることは頭にない。

今はネットで情報を拾い、施主が自ら瑕疵を判断することもある。
造る側は、もっと品質管理に重点を置くべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る