ブログ

品質向上に取り組む工務店

建て主からでなく、施工者が検査をしてくれと言ってくるケースがある。

施工者に対し、社内検査を代行する検査会社もあるが、
そこに依頼するのではなく、私を指名してくるのは、裁判沙汰に発展するような
重大なミスが無いか指摘して欲しいから。

このような前向きな理由であれば、喜んで引き受けます。
(忙しいのでたくさんの依頼は受けられませんが・・・・)

ただし、引き受けるからには、厳しいダメ出しをいたします。
職人にとって、今までやってきたことを否定されることもありますが、
改善することで、今後の現場品質は確実に上がります。

昨年、かなりベテランの大工にフローリングの張り方についてダメ出しをしたところ、
逆切れした。今までやってきたことが間違いだと気づけば、焦るでしょう。
しかし、その時、指摘を受けなければ、間違ったまま、さらに何件も施工してしまいます。

昨日も基礎屋さんに気の毒だと思うくらいダメ出しをしました。
頭に来たかもしれませんが、言われたことを改善していけば、
クレーㇺになる確率はかなり下がると思います。

元請け、下請けの関係が良好で、物が言いにくい。
監督が下請けに強く言えない。
このような会社が多いと思います。

言わなくてもきちんとできるような体制を作りましょう。

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影