ブログ

事例1078 「構造用面材の大きすぎる開口」

明日から来週初めまで出張が続くので、
ここ数日は、書類作成の時間を優先して確保しました。

書類作成もスケジュールを決めて取り掛かります。
いつも読みが甘く、予定より早まることはありません。

 

■(1)今回の事例______________

「構造用面材の大きすぎる開口」
_______________________

◆写真解説

構造用面材にあけられた開口。開口が大きく、数も多い。
耐力が大幅に落ちる。

 

◆内容説明

構造用面材は、コンセントやスイッチ、換気扇などの開口が弱点となる。
それでも一切あけてはダメということでなく、規定どおり大きさ、位置であれば
開口はあけられる。

写真は分電盤を入れる予定であけられた穴。
基準を調べるまでもなく耐力低下は明らか。

(製品により規定が違うため、詳しい基準の掲載は省略します)

 

◆対策

製品により規定がいろいろ。
事前に施工マニュアルを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

今日は風が強かったです。
今日みたいな日には、事務所付近は風を強く感じます。
反対に自宅は、それほど強い風を受けません。

何が違うのか?

高低差はそれほどありませんが、事務所の地形は、山の頂上のような場所。
自宅は盆地。

改めて考えると、なるほどと思いました。

距離として6KMくらいしか離れていませんが、
少しの高低差で、風の強さが変わります。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影