ブログ

レオパレス施工不備

アパート建築で有名なレオパレス。
界壁の施工不備のニュースが出た。

界壁とは、共同住宅等の世帯間の壁。
木造では両面石膏ボード2重張り。内部はグラスウール24K等を入れます。
主な役割は防火、防音。
最上階の天井裏で、屋根の野地板まで達してないといけないが、
未施工だった現場が200棟以上あるようだ。

最上階の天井裏に人が入るスペースがあれば、隣の世帯へ行けてしまう。
あってはならないミスです。

なぜ、こんなミスが起きるのか?

大工が共同住宅などの工事をしたことがなく、界壁の基準が分からない。
社内検査も天井裏まで見ない。また、収益用の建物のため、我々のような第三者検査が入るのも稀。
普段目につかないところだけに、発見されにくい。

ちょうど1年前、木造3階の共同住宅の瑕疵検査依頼を受けた。
オーナーが、施工に不安を感じたのが依頼のきっかけ。
検査の結果、レオパレス同様、最上階の天井裏の界壁は未施工、
その他、耐力壁のほとんどが、きちんと施工されていないことが発覚した。
大地震が来れば、倒壊する可能性が高いレベルであった。

検査後、お互い弁護士を入れて、修理の実施が決まり、この3月に補修工事が完了した。

過去、レオパレスの分譲住宅の検査に入り、大改修させたことがある。
工事後、下請け業者の社長が、お前のせいで500万円損したと怒鳴り込んできた。
責任を全て下請けにかぶせたようだ。
今回も、おそらく同様でしょう。

今現在、鉄筋コンクリート賃貸マンションの新築検査を数件受けています。
入居者の安全、売却時、瑕疵による価格の下落を防ぐためにも、検査は必要だと思います。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影