ブログ

施工不備はなぜ放置されているのか

完成時や工事中の現場見学会に行って、施工不備が目についたという話をよく聞きます。
業者側は、契約を目的にイベントを開催しているのになぜ、施工不備を放置するのでしょうか。

放置している訳ではなく、例えば、基礎にひび割れやジャンカがあっても、
気にして見なければ、目に入らない。つまり、気づいていない可能性が高い。

お客を呼ぶイベントで、瑕疵をそのままにしておくのは、
その工務店の品質意識は低いと思って間違いない。
建て主目線で品質管理をしていないことを表している。

広告はいくらでも嘘を書ける。
品質アピール以外に、最近は、高気密、高断熱仕様に関する嘘が多い。
実際に目で見てみるのが良いですね。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影