ブログ

事例1123 「壁の大きなジャンカ」

今年初の出張。
新幹線や駅は、行きも帰りもガラガラ。

年末年始の休み明けで、旅行する人が少ないかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「壁の大きなジャンカ」
_______________________

◆写真解説

コンクリート壁の空洞。打設不良が原因。
放置せず適切な補修をすれば強度等の問題は無い。

 

◆内容説明

壁式鉄筋コンクリート造。壁の大きなジャンカ。

型枠をばらしてみるまで、ジャンカの有無は分からない。
しっかり締め固めたつもりでもジャンカが出てしまう事もある。

特に指示をしないと、現場にあるセメントと砂を混ぜて
簡単に補修されてしまう可能性が高い。

ジャンカが出てしまった場合、ジャンカの程度を判断し、補修方法を決め、
ポリマーセメント等、品質の確かなものを充填するように指示を出すことが重要。

 

◆対策

ジャンカが出ないように、打設時に注意をはらう。
ジャンカが出た場合の補修方法などの基準を確認しておく。

 

==============================

■(2)編集後記

年末年始はスキー場で過ごしました。

丸2日間、朝から夕方まで、昼ごはんも食べず滑り続けました。
(レストランが混んでいて座れなかったためです)

今回行ったスキー場、半数以上は外国人。
周囲にある分譲マンション、別荘の看板も外国人向けでした。

外国人が来なかったら、スキー場やホテルは成り立たないくらいの比率です。

SNSなどのおかげで、日本に来る外国人が増えています。
年末年始など、ますますホテルの予約が取りにくくなると思います。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影