ブログ

レオパレス問題

昨日の昼間は17℃くらいの場所で欠陥検査。
今日は、移動中の場所ですが、昼間でもマイナス3℃。
寒暖差が激しいため、体調が悪くなりそうです。

レオパレスの界壁施工不備。
わざと手を抜いているというよりは、
職人や監督が界壁を認識していないことが原因だと思います。

界壁は集合住宅などにおいて、世帯間を区切る壁。
戸建て住宅では存在しません。
大工にとって、よく意味が分からず施工している可能性が高く、間違いが起きやすい。

本来、法令に適合させる、ミスを防ぐために、建築士が図面を詳細に書き、
現場を監理する必要があります。

この手の会社は、図面枚数が少ない。
たくさん書くと費用がかかるため、最小限の図面しかありません。

また、設計、施工が同じ会社のため、監理も機能しにくい。
実際に監理者が現場へ行っていない可能性も高い。

監理者は毎日現場へ行く必要はありませんが、
界壁は防耐火上重要な壁であり、監理者がチェックすべき箇所です。

レオパレスだけでなく、多くのハウスメーカーも同じです。
他でも、屋根裏の界壁がない集合住宅の現場を、何件も指摘しています。

コストや人手不足から監理を十分機能させることは難しい。
監理不足を補うのが、第三者検査です。

確認申請の完成検査で、小屋裏を確認していれば、
ここまで大きな問題にならなかったと思います。

点検口をあければ容易に確認できるものですが、
そこまで確認する検査機関を見たことがありません。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る