ブログ

事例1127 「床下断熱材、カットが雑」

明日と明後日は出張のため、今日は現場予定を詰め込みました。

事務所に戻ってからも忙しいので、移動中に書いています。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材、カットが雑」
_______________________

◆写真解説

床下断熱材、切断面が真っすぐでなく隙間が生じている。
現場でのカットが雑。

 

◆内容説明

床下の断熱材。
工場からジャストサイズにカットされてくるケースが多いですが、
現場で大工がカットするケースもある。

カッターナイフで切断した場合、
断熱材が厚いと写真のように曲がりやすい。

丸のこで切ると、粉が飛び散るため、
カッターナイフで切る現場も多いようですが、
真っすぐ切れないのなら、他の方法を選択すべきです。

隙間があれば、断熱材と床合板の間に外気が入る。

 

◆対策

現場でカットしない。床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーと工務店の現場の違いで、大きいと感じる一つに「足場」があります。
その差はかなりあります。

単価自体、大きく違わないと思いますが、安全性は数倍違います。
職人の作業性も違ってきます。

最近、地元工務店の現場で、危険だと思う足場に何件か遭遇しました。
安全性を考えますと、地元工務店の足場も大手並みに近づいて欲しいと思います。

まだまだ現場で怪我をせずバリバリ動けるように
約1年前から体幹を鍛えております。

お尻も大きくなり、お腹のぜい肉がほとんど無くなりました。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る