ブログ

被害者の分析

今日は1日、4件の検査。
本日最終の検査は、急に入ってきた予定です。
帰りが遅くなりそうなので、昼の休憩時間に更新します。

多くの紛争事例を分析すると、いろいろなことが分かってきます。
今回、紹介するのは、被害者になりやすい人。

答えは、意外かもしれませんが、予算に余裕がある方。
被害のパターン的には、業者が利益を得るため、安い下請けに丸投げ、
又は、材料を落とす。その結果、手抜き工事が行われたり、
安い材料を使われ、あとで不具合が生じる。
利益確保が第一になり、品質はどうでもよくなる。

もっと悪質なケースでは、契約後の追加請求が高額。
払えると分かっているので、変更した覚えがないものまで
数百万、ひどいと1千万円単位で請求される。

大手ハウスメーカーや大手設計事務所とトラブルになっている人もいます。
契約する際は、しっかり情報を集めるなど、慎重に事を進めることが重要です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影