ブログ

事例1152  「床下のカビ」

関東への台風の影響で、今日予定していた検査を延期。
夜には上陸する見込みで、大きな被害が出ないことを祈っております。

 

■(1)今回の事例______________

「床下のカビ」
_______________________

◆写真解説

1階床合板に生えたカビ。梅雨時、床下の湿気でカビが発生した。
床下に通気があっても、建物中央部は空気がこもりやすい。

 

◆内容説明

今年は、床下が結露している家が多かった。
結露の水分でカビが発生しやすくなる。
外気が例年より湿気ていたことが原因だと思います。

床下の換気は外周部から空気を出入りさせるため、
外周部は効率よく換気できても、中央部付近は空気が滞留しやすい。

床下にカビが発生した場合、1階床の気密が悪いと、
カビの胞子が室内へ入り、部屋がカビ臭くなる。

 

◆対策

夏場に床下を点検。
結露やカビが発生している場合、送風機などを設置する。

 

==============================

■(2)編集後記

ドローンのアプリが大幅に更新。
それに伴い、機材の再セッティングなどに手こずりました。

また、パソコンも1台入れ替え、
そのついでに検査アプリなども一部、一新しました。

道具の軽量化、操作の簡易化は年々進んでいます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る