ブログ

事例1158 「屋根断熱で小屋裏通気」

この連休、全て現場予定が入っていました。

書類もかなり溜まっているので、
現場から帰ってからも余裕がありません。

ありがたい事に、仕事依頼をたくさん頂いております。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根断熱で小屋裏通気」
_______________________

◆写真解説

屋根断熱の家。壁と屋根の取り合いに通気が設けられている。
気密、断熱性能を大幅に落とす。

 

◆内容説明

プロであっても無知であれば、このような施工になる。

この換気孔から外気が入るし、室内の空気が小屋裏を通じ外へ出る。
特に冬場は寒い家になる。

プロである吹付業者もおかしいと思わなかったのか疑問です。

断熱層の内側に外気を入れないのは基本。
(計画換気をのぞく)

 

◆対策

省エネ施工も年々進化しています。
不勉強な業者に依頼しない。

 

==============================

■(2)編集後記

家の営業マンで他社の悪口を言って、自社へ誘導するタイプの方が見えます。
その情報が真実ならよいですが、偽情報のケースもあります。

検査の依頼時においても、他から弊社及び私の情報をこう聞いたという話を
たまに耳にします。

中には真逆のことを言われているケースもあります。

そのような情報を聞いても、直接文句は言いません。
きりがありませんし、この仕事を独占する気もありません。

今現在、労働時間が長すぎるため、今年の春に
仕事を20%くらい減らしていこうという計画を立てました。

いろいろ実施し、前よりお断りする、お断りして頂くケースが増えていますが、
通してみるとあまり数は変わっていません。

いきなりではなく、徐々に良い方へ変えていく予定でおります。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影