ブログ

梅雨時の工事

今日からまた雨が続きます。
雨の時期の工事で影響するのは、躯体の濡れ。

木造はもちろん、グラスウールなどの断熱材を工場から入れてくる
鉄骨造も要注意です。
雨で工程を延ばすと、物流や職人の手配替えが大変。
あとの工程も狂うため、雨でも組み立てを強行する会社が多いです。

木はどれだけ濡れても問題ないという、営業や現場監督もいるみたいですが、
それは嘘です。

多少濡れる分には問題ありませんが、反りが出てくるなど、大量に長期間、
濡らしてはダメです。また、あとから乾きにくい箇所も、カビや腐朽対策の意味から
濡らさない努力が必要です。


濡れてしまった場合は、十分乾燥させることが重要です。
乾燥しないまま床合板にフローリングを貼り、あとで変色した、盛り上がりが出た
という事例が未だに多くあります。木の乾燥度合いは機械で測れます。

 

 

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る