ブログ

事例1189 「外壁タイルが斜め」

今日は東海地方でも、大雨の影響で高速道路の通行止めや
電車の運休が出ています。

岐阜県の川が氾濫する可能性があるというニュースもあり、
いつもよりニュースを気にしています。

 

■(1)今回の事例______________

「外壁タイルが斜め」
_______________________

◆写真解説

外壁タイルが斜めに貼られている。軒天が水平。
完成時の検査で指摘。

 

◆内容説明

今回の例は、スタートの水平墨を間違えてしまったのが原因です。
職人自身が途中で気づいたと思いますが、やり替えが大変なため、
斜めのまま完成させた。

新築完成時の検査は、仕上げ不良もチェックします。
家を買うのが初めての方は、何を見るのか分からないため、
施主さんの代わりに仕上げもチェックします。

仕上げ不良は、生活に支障はありませんが、
本来、きちんとした状態で引き渡すのは当然のこと。

社内完成検査、施主完成チェックがないまま
引き渡される新築住宅が未だに多いです。

施工者側からすれば、現場で造っているので
誤差や傷などは仕方ないという考えでしょう。
(軽微であれば確かに仕方ないですが、許容を超えているものでも
そう思っている会社もある)

 

◆対策

引き渡し前に完成チェックを入れる。

 

 

==============================

■(2)編集後記

昨年秋、たまたまですが、千曲川が氾濫して水が引いた
直後の道を通りました。
川の氾濫被害を実際に見たのは初めてで、衝撃的でした。

昨年は、台風による大雨。台風は通過していきますが、
梅雨前線は停滞もあり、動きが読みにくく、不安が大きいです。

天気予報を見るとこの先も雨続き。早く梅雨が明けることを
願いますが、梅雨が明けると台風シーズンです。

例年は空梅雨が多く、台風の直撃も少ないため、
夏場の雨を、あまり気にしていないことが多かったと思います。
今年のような雨の降り方は、この時期の工事を避ける方を増やすかもしれません。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影