ブログ

事例1200 「コンクリート内、土混入」

台風が近づくと、電話などの連絡が少なくなる気がします。

現場監督さんたちが、現場養生に忙しくなるからでしょうか。
本日、週末でも連絡が少ないです。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート内、土混入」
_______________________

◆写真解説

コンクリート内に土の塊が混入。擁壁の水抜き穴をコア抜きして発覚。
土の大きさによっては構造的な影響が大きい。

 

◆内容説明

建物周囲がぬかるんでいる場合など、靴や型枠などの材料についた土が
型枠内へ入ることがあります。

コンクリートを打設する前にチェックをすればよいですが、
チェックしている現場は皆無だと思います。

過去にもあとから発覚した現場がありますが、それは、表面に見えていたため、
一部が表面に出ていないと、発覚することはないでしょう。

土は強度がなく、空洞扱い。
強度不足以外に、位置によっては、かぶり不足となる。

 

◆対策

基礎工事時においても周囲の整地。
コンクリートを打設する前に型枠内のチェック。

 

 

==============================

■(2)編集後記

現在、欠陥住宅検査依頼が多く、多少、お待ちいただいている状態です。

欠陥検査は丸1日かかる検査のため、予定を組める日は
私が全く予定を入れていない日になります。

新築検査も行っているため、概ね10日くらい先まで予定を埋めます。
その先は、裁判関係、前もって日にちを決める大手ハウスメーカーの
新築検査予定を組んでいるため、欠陥検査は、週に2件実施できるかどうかです。

最近、また、無知型の欠陥住宅が増えています。
この問題は、なかなか無くなりません。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る