ブログ

事例1205 「下屋との取り合い部、断熱欠損」

愛知県で渋滞のひどい箇所といえば、一宮IC。
今朝、一宮方面の現場を入れていて、
接続する名古屋高速にかけて大渋滞でした。

ただ、3連休初日としては、そこまで渋滞は長くなく、
外出を控えている方も多くいると思いました。

 

■(1)今回の事例______________

「下屋との取り合い部、断熱欠損」
_______________________

◆写真解説

平屋天井と2階建て部の境。赤丸印部の断熱材が未施工。
ここを開放すると気密が大幅に下がると共に、
小屋裏の空気が2階建て部の1階天井裏へ入る。(天井断熱のケース)

 

◆内容説明

断熱材の施工。大きく分けると専門業者が施工するケースと
大工さん施工の2つ。

専門業者は、現場監督が指示しなくても、必要な箇所を判断し施工してくれる。
一方大工さんは、断熱材を入れる仕事がメインでないためか、施工忘れが出やすい。

断熱材は必要な箇所に隙間なく入れるのが原則。
建物の形が複雑になるほど、ミスが出やすい。

家を包み込むよう、外部に対し、隙間なく連続で施工することが重要です。

 

◆対策

断熱専門業者による施工(ウレタン、セルロールファイバー)を選ぶと
ミスはかなり起きにくい。グラスウールなどで大工さん施工の場合は、
石膏ボードを貼る前にチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今月は、欠陥検査を多く実施したためもあり、書く仕事が溜まっています。

パソコンはパナソニックレッツノートを使用。
購入して1年以内に、キーボードの文字が薄くなるくらい
文字を打っています。

音声入力も何度かチャレンジしましたが、専門用語などが
正しく表示されないなどで修正が多く、打ち込んだ方が
今のところ手間がないです。

書く仕事の一部は、いずれ動画提出に変わるのではないかと
思っております。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る