ブログ

事例1213 「タイルの施工不良」

本日は遠方への打ち合わせ、
来週以降も出張予定がたくさん入っています。

2月にあまり動かなかった分、3月に集中。
現場へ出るのは、2月より3月の方が暖かくて良いです。

 

■(1)今回の事例_____________

「タイルの施工不良」
_______________________

◆写真解説

フロアタイルの浮き。
施工不良により、全体の約3割のタイルが浮いている(裏側に隙間がある)。
タイルや目地が割れやすい。

 

◆内容説明

写真は、1階床のタイルを打音検査し、浮いている箇所に印をしたもの。
引き渡し直後に建て主が気づき、施工業者に修理を要求したが、拒否された。

土間コンの上に施工する大判のタイルは、施工時、裏に空洞ができやすい。
それを分かっていながら、丁寧に施工しなかった。

一部のタイルはすでにひび割れ、目地も多数割れている。
それでも修理対応しない。

 

◆対策

完成時に、たたき棒でたたいて浮きをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

購入して1年以内のレーザープリンターの調子が悪くなった。
1度修理をして、直ったが、症状が再発。

メーカーに連絡を入れましたが、昨日は音沙汰なし。
もう1台、プリンターがあるため業務は止まりませんが、
早く修理していただきたいです。

1年以内に故障が頻発するのは、商品自体が不良品だったかもしれません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る