ブログ

事例1215 「マンションの雨漏り」

未だ、かなりスケジュールが過密で、
朝1時間くらい早く、出社するようにしています。

ただ、朝早く現場に出る日が週に2,3日はあるため、
あまり仕事が片付きません。

 

■(1)今回の事例_____________

「マンションの雨漏り」
_______________________

◆写真解説

マンションの床や壁が変色。
雨漏りを疑い、赤外線サーモグラフィーカメラ撮影を実施。
壁下と床の一部(青色部)が濡れていた。

 

◆内容説明

雨漏りが頻発している分譲マンション。
端世帯の雨漏り状況を調べたところ、
ほぼ全ての世帯で室内側に水の浸入を確認した。

外壁にウレタン吹付(断熱材)があるため
室内への被害が分かりにくく、
一部の世帯で被害が重症化した時は、
瑕疵担保責任期間の10年を過ぎてしまった。

 

◆対策

内装などに黒ずみ等の変異が出た場合は、早めに原因を確かめる。

 

==============================

■(2)編集後記

すでに4月の欠陥住宅調査枠が埋まりました。
それほど不具合が出ている現場が多いです。

新築検査においても、未だ基準を無視して
自己流で施工している現場が多い。

基準などを知らなくても建築業を営むことができます。
無知な部分は、下請けの設計事務所、専門業者がカバー。
ただ、設計事務所などは頼まれた最小限のことしかやらないため
不具合施工が多発します。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る