ブログ

事例1218 「ユニットバス下 断熱材未施工」

愛知県にも緊急事態宣言が発令されました。
状況によっては制約を受けることも出てくるかもしれませんが、
弊社の業務は、面談などをのぞき、
以前と変わらないと予想をしています。

 

■(1)今回の事例_____________

「ユニットバス下 断熱材未施工」
_______________________ 

◆写真解説

ユニットバスの床裏に断熱材がない。
長期優良住宅等、省エネ仕様の場合において、
床下を基礎断熱で密閉せず、通気を取る場合は、
ユニットバス床に断熱材が必要。

 

◆内容説明

最近、2件続けて指摘を出すなど、
意外と間違っている現場が多いため、今回、この内容を選びました。

浴槽は標準で断熱材が施工されていますが、
床においては、注文時に断熱材のあり無しを選ぶ必要がある。

外気を床下に取り入れる場合、床裏は外気の空気に触れるため
断熱材と周囲の気流止めが必要になる。

基礎の立ち上がりを断熱材で囲い、気密化すれば
床下は室内扱いとなり、床の断熱材は不要。

 

◆対策

注文時に床断熱材の有無、仕様を確認する。

 

 

 

==============================

■(2)編集後記

何か分からないことを調べる時、ネットに頼ることが多いと思います。
ネットで解決できるものもあれば、そうでないものもあります。

紛争のやり取りをしていると、間違ったネット情報に
振り回されている方が案外多い。

実害がなければ良いですが、その情報を信じて行動し、
損害が発生した方が、大勢見えます。

自分に不利な情報を排除し、有利な情報ばかりを集めていると
そうなりやすいです。

バランスよく情報を整理するか、プロに任せてしまう方が
ベストな解決につながる可能性が高いです。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影