ブログ

事例1222 「エアコンまわりの結露」

先週はかなりスケジュールを詰めこみ、
休みなく、また、早出などしても、仕事が遅れ気味でした。

常に多少でも余裕を持たせることは重要だと考えています。
その対策としては、請ける仕事を減らさないといけません。

取り急ぎ、毎月2日間分くらいに相当する
新たな定期の仕事を請けないことにしました。

 

■(1)今回の事例_____________

「エアコンまわりの結露」

_______________________

◆写真解説

夏場に多いエアコン吹き出し口付近の結露。
天井裏が湿気て、石膏ボードが水分を含んだことが原因。

 

◆内容説明

夏場になると結露が発生、施工者が毎年対策を実施したが
3シーズン経過しても結露が止まらず、検査依頼を受けました。

室内側にカビが出ると、石膏ボード裏はその何倍ものカビが
発生している。

程度がひどくなると、カビ臭くなり、健康被害につながる。

 

◆対策

天井裏が湿気るのは、湿気た外気を取り込むため。
気密性を高め、漏気を少なくする。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は特に高速道路の工事が多い気がします。

今週から普段より渋滞する一宮IC付近で集中工事が始まりました。
今日、早めに出たものの、渋滞は予想以上。
工事箇所を見ると本当に必要な工事なのか疑問を抱きました。

高速道路の工事における、お金の流れについて
関係者から話を聞いたことがあります。

その内容を知ると、誰かの金儲けのために
工事を推進している印象を持ってしまいます。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影