ブログ

事例1225 「外壁の波打ち」

本日、雨漏り検査に行きました。

一般的にない納まりで、予見が難しく
先入観が邪魔をして、結果を出すのに時間がかかりました。

良い経験ができました。

 

■(1)今回の事例_____________

「外壁の波打ち」
_______________________

◆写真解説

木造住宅、乾式タイルの外壁。
雨漏りが原因で下地ボードが反って、波打っている。

 

◆内容説明

外壁のタイルが波打っている。1枚割れもある。
新築時にこの状態であるはずもなく、確実に内部で異常がある。

連続して3回、同じ現場の写真を掲載しました。
この外壁タイルの状態を見ても
ハウスメーカーの担当者は雨漏りを疑わなかった。
知っていたけど、時間を稼ぐために
雨漏りしていると、告げなかった可能性もある。

 

◆対策

先回同様。雨漏りは早期発見が重要。
異変に気づいたら放置しない。

 

==============================

■(2)編集後記

前に告知しましたTVのロケが始まっています。

昨日は、相手業者にTVが入ることを告げず、
被害者宅に責任者を呼びました。
(昨日は私の立ち合いはなし)

カメラ撮影は拒否、さらに放送したら、修理を一切しない、
裁判で決着を付けると言って、責任者は帰ったそうです。

デイレクター曰く、苦情に慣れているのか、終始、強気な態度。

どっちが立場が有利なのか、分かっていないようです。
杜撰なため、修理を任せても、きちんと直るとは誰も思ってない。
責任を取らないのなら、しつこくマスコミを入れるだけです。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る