ブログ

水害、土砂災害

雨が多い夏場においても、ここまで多くの雨が降るのは、記憶にないです。
何年か前は、水不足が度々あるなど、雨が少ない年も多かったです。

被害状況は、毎日ニュースをチェックしていますが、
専門誌の方でも詳しく紹介されると思いますので、
先月読んだ地形形成に関する本の知識と共に、今後の業務に役立てたいと思います。

大雨の原因、「線状降水帯」は、暖かく湿った空気の流入で形成されます。
雨を降らせる以外に、湿気が高くなり、住宅への被害として
壁内結露なども起きやすくなります。

家の外壁を開けたときなど、壁内結露のあとを探します。
大きな被害は無くても、最近は、部分的な被害のあとが見つかる確率が高いです。

今の一般的な住宅の外壁構造は、これ以上、気象変動が進めば、
不具合が多発する可能性が高くなると危惧しております。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影