ブログ

雨漏りか結露か

今週初め、何度かご依頼頂いている施工業者さんから
雨漏り検査の依頼を受けて、現場に行きました。

簡単な雨漏り検査の依頼は来ません。
今回も以下のような事前情報でした。
・雨漏りしたのは、今年の冬に1回だけ。
・6,7月の大雨、8月の長雨などでも雨漏りしていない。
・施工業者さんの方でも水かけ試験を2日間実施、雨漏りの再現ができていない。

現場で状況を確認。原因の予想をして、水かけ開始。
午前中に漏水を確認できなかったため、内部の壁、天井の一部をあけ
原因を探りましたが、木部や断熱材が濡れた形跡がない。

午後からは、水かけ箇所を変えながら、水をかけ続けましたが
夕方まで内部への漏水が確認できませんでした。

昼に壁などを開口した際、これを取れば原因が分かるが、
作業が困難で、撤去をあきらめた部材がありました。
原因を特定するため、最後に無理してその部材を外し、
濡れたあとがないことから、外から雨が入った可能性が無くなりました。

雨漏りでないとすると結露だった可能性が高くなります。
もし、結露が起きていたとしたら、珍しい結露の事例です。

検査の経験数は多い方だと思いますが、
未だ、過去に例がない不具合事例が出てきます。
難しい現場は、手間もかかりますが、
レベルアップしていくには必要だと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影