ブログ

事例1232 「柱の割れ」

明日の昼くらいから、愛知県も台風の影響が出そうです。

明日も朝から夕方まで現場予定を組んでいるため、
影響がないと良いですが。

 

■(1)今回の事例_____________

「柱の割れ」
_______________________ 

◆写真解説

集成材柱の割れ。
変位が少ないはずの集成材にも関わらず、完成後に太いひび割れが生じた。
壁の仕上げに影響する。

 

◆内容説明

貫通はしていませんが、最大幅は3mm。
反りも出て、石膏ボードの継ぎ目も開きます。

何らかの要因で水分を含み、その後乾燥したため、
大きなひび割れが発生したと思います。

無垢材を貼り合わせているため、
集成材でも、ひびが入ることがあります。
ただし、強度に影響が出るまでのひび割れの発生は稀で、
美観的な影響が多いです。

 

◆対策

特に夏場は、壁内の温湿度が高くなる。
外壁通気層の通気の確保、室内側の防湿材を確実に施工する。

 

==============================

■(2)編集後記

今朝、チェックした新聞のニュース。
「長期優良住宅の省エネ性能を上げる」

地球環境を考慮してですが、新築住宅価格の上昇に拍車をかけそうです。

昨日の新聞では、中古住宅、マンションの価格高騰が書かれていました。
新築が値上がりして、中古住宅に人気が出ているが、
売りに出る物件が少なく、価格を押し上げている。

リフォームして売るケースも人気のようで
工事費、業者の経費分、値段は高くなります。

今までにない動きで、今後どうなっていくか注目しています。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影