ブログ

検査の出戻り

先週、今週だけで新築検査の出戻りが2回ありました。
(出戻りとは、工事の遅れなどで検査できずに帰ったこと)

原因は、工程に余裕がなさすぎるのと、
現場の進行状況を監督が把握していない。

最近では、アプリで現場の進捗が共有できますが、
遅延を職人がチャットで報告せず、
情報自体がアップデートできていなかったりします。

現時点では、デジタルツールよりは、現場監督さんの能力が重要。
デジタル化に予算を掛けると同時に、監督さんの教育も行って欲しいと思います。

最近の話ですが、新築検査の現場で、図面に記載がなかった
断熱材の種類を監督さんに聞いた。
答えは、グラスウールでしたが、
後日、現場に行ったらウレタンが施工されていました。

新卒でこの業界に入った監督さん、
断熱材の種類をよく分かっていないようです。

私が社会に出た頃でも、専門知識の研修はほとんどなく、
仕事をしながら覚える方針でした。
自分から勉強する気がないと、無知なままです。


安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影