ブログ

事例1233 「天井に大量の水滴」

この前、名神集中工事をしていたと思ったら
今度は東名集中工事を行っています。

今までは2週間だった期間が、今回は3週間。
高速道路を使う頻度が高いため、結構、影響を受けます。

本当に必要で工事をやっているのか、いつも疑問に思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「天井に大量の水滴」
_______________________ 

◆写真解説

天井に大量の水滴が付着。外壁通気層内の湿気た空気が
エアコンスリーブから室内へ流入し、天井面で結露した。

 

 ◆内容説明

沖縄に良く呼ばれるなど、結露検査を数多く手がけていますが、
ここまでの大量の水滴は過去最高の量です。

季節は夏。最初は天井面が何らかの原因で冷えていると思いました。
ところが詳しく調べてみると、エアコンスリーブから50℃、湿度100%の
空気が流入していた。

天井表面の温度が30℃でも、結露が発生する条件です。

ここまで湿気た空気が出てきているのは、
外壁通気層の上部に出口がなく、湿気や熱が溜まるからです。

エアコンスリーブ自体の気密性も悪く、
室内へ外壁通気の空気が流入している。

 

◆対策

外壁上部に通気層の出口を設ける。
エアコンスリーブの両端は、きちんと塞ぐ。

 

==============================

■(2)編集後記

春から初夏にかけて行った欠陥住宅検査。
業者の回答が決まりだしています。

裁判になるものも、いくつかありますが、買い戻し、建て替え、
仕上げを内外部全撤去し、やり替え等の決定も出ています。

欠陥検査は、現場検査と書類作成、その後、裁判になれば
サポートが大変で、楽な仕事ではありません。
それでも、上手く解決できる現場があるので、続けられると思います。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影