ブログ

事例1240 「床下のカビ」

年末の休みまで、あと2週間ほど。

未だ、年内に予定を入れて欲しいという依頼がありますが、
特に混み合う時期でもあり、新築検査の枠以外、
ほとんど予定を埋めております。

また、今月対応できない予定を1月にスライドしているため、
欠陥住宅検査などは、これから依頼を頂きますと
2月の検査になる可能性が高いです。

 

■(1)今回の事例_____________

「床下のカビ」
______________________

◆写真解説 

1階床合板のカビ。基礎の打ち継ぎ部から雨が浸入。
基礎断熱仕様の家であるが、床下換気はなく、密閉状態。
それゆえ、床下が猛烈に湿気て、カビが大量発生した。

 

◆内容説明 

カビ問題は、最近急増しております。裁判で争っている家も年々、
増えており、問題解決のノウハウをかなり蓄積しつつあります。

今回の例は、基礎の打ち継ぎ部が、地面より低く、地下水が浸入した。
これはよくあるパターンで、設計者や現場監督の経験が豊富であれば
予見できる内容です。

こうなると、水が入らないように防水し、
内部を徹底的に乾燥させ、除カビ、防カビ処理を行う必要がある。

もともと、床下の換気計画もないため、今後の湿気対策として、
床下換気の設置も、再発防止のために検討する必要がある。

 

◆対策

カビ被害を予見できる現場の実務者は非常に少ない。
夏場の湿気、カビ対策を家の計画時に検討する。

 

==============================

■(2)編集後記

設計事務所に設計を委託。
工事中に第三者検査を入れる旨を伝えたところ、
拒否されたという話を伺いました。

設計者である建築士は自分自身の無知がばれるため、
NGを出すケースが多いです。

設計事務所は、開業資金がそれほど必要ではなく、独立しやすい商売。

独立しやすいため、十分な経験、知識の蓄積無しで独立する人も多く、
独立してしまうと、誰もダメ出しをしないため、
間違っていてもそのままになる。

最近は、設計、デザイン力のある工務店が増えています。
淘汰されないためには、検査を断っている場合ではないと思います。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影