ブログ

事例1246 「壁量計算偽装」

複数棟ある欠陥住宅の書類作成に、
ここ2種間ほど追われていました。

書く仕事は慣れているとはいえ、
今回、かなりの時間を要したこともあり、
書き終えたときは、しばらく文字を打つ気に
なりませんでした。


■(1)今回の事例_____________

「壁量計算偽装」
______________________ 
壁量計算

◆写真解説 

裁判で業者から提出された木造2階建て住宅の壁量計算書。
瓦屋根にも関わらず、屋根荷重の軽い方を選択し、
計算結果を改ざんしていた。

 

◆内容説明

完成後にもめている現場で、あと出しの計算書。
正しく計算すると、安全率は全くなく、基準ぎりぎり。
入力設定、壁量をごまかし、余裕があるように見せかけたと
思われる。

地震力の検討は、建物の重さが関係します。
軽い設定にすれば、耐力壁の量が少なくて済みます。

特例で構造審査が省かれている2階建て木造住宅。
現在、この特例廃止の法改正の話も出てきております。

こういった事例があると、やはり法改正の必要性を強く感じます。

 

◆対策

構造面で安心を得るには、
耐震等級を取るか、許容応力度計算をする。

 

==============================

■(2)編集後記

週間天気予報を見ると、来週末あたりから
気温が上がってくるようです。

今年の冬は、寒かったですが、
ワークマンで購入したズボンが暖かく、
インナーを1回も履かずにシーズンを終えそうです。

値段も確か3,000円くらい。安くて、性能がよいです。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影