ブログ

瑕疵保険の検査は何のため?

基礎のかぶり不足の指摘に対し、(非破壊検査で発覚)
業者は瑕疵保険の配筋検査に合格しているので
かぶり不足はないと主張。

裁判所から瑕疵保険会社へ検査について質疑を出したところ
保険会社からの回答に以下の記載があった。

「本検査は、住宅に瑕疵がないことを確認するものではない」

瑕疵保険の費用は施主が払う、この内容を聞いたら、
大半の方ががっかりすると思います。

最近は、瑕疵保険の検査以外に、ハウスメーカーや工務店が
外注の検査会社に検査を依頼しているケースが増えている。
私から見れば、これらの会社も瑕疵保険会社とレベルは同じです。
根本の問題は、検査員のレベルが低いのではなく、言いたいことを
言えない、本部の方で指摘範囲を狭めていることです。

住宅メーカーの営業で、瑕疵保険の検査、中間検査があるから
弊社のような第三者検査は無駄だと言う人が多い。
今回の回答から、それが間違いであることがはっきりしました。

公的な検査が増え、さらに着工数が減っているにも関わらず
品質不良が減らない理由は、検査が事務的になっているからです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影