ブログ

事例1257 「基礎立ち上がりかぶり不足」

梅雨が明けたというニュースに耳を疑いました。
あまりにも早すぎますし、雨もあまり降っていません。

梅雨が明けると、夏の結露、カビ被害が出始めます。

 

■(1)今回の事例_____________

「基礎立ち上がりかぶり不足」
______________________ 

かぶり不足

◆写真解説

基礎立ち上がり部、鉄筋かぶり不足。
基礎の位置を間違えて施工したため、
鉄筋が端に寄ってしまった。

 

◆内容説明

基礎立ち上がりのかぶりが23mm。
下部が地中に入るため、真っすぐ鉄筋を組めば
本来40mm以上かぶりがある箇所。

原因は、基礎の位置を外側にずれて施工。
躯体との位置を合わせるため表面を削り、かぶりが不足した。

住宅の現場では、位置出しは基礎屋さん任せで
現場監督がチェックしない会社が多い。

 

◆対策

2,3CMくらいの位置ずれが起きる確率は高い。
位置出し時にダブルチェックを行う。

 

===========================

■(2)編集後記

先週末、体調を少し崩しました。
出張先で2日間、動きづめの検査。
急に暑くなった日に屋根の上にいたことが原因だと思います。

今週は最高気温35℃以上が続く見込み。
まだ暑さに慣れていないため、今週は特に気を付けないと
いけないですね。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影