ブログ

事例1270 「防水紙の劣化」

雨も少なく、空気も乾き、昼間は暖かい。
今の時期、躯体組み立て、コンクリート打設を
するには良い時期です。


■(1)今回の事例_____________
「防水紙の劣化」
______________________ 

防水紙劣化

◆写真解説 

外壁防水紙の劣化。数年しか経っていないにも関わらず、
劣化による損傷が進行している。防水紙の種類を施主が
指定することは稀です。

家を建てる時は、耐久性の高い防水紙を選びましょう。

 

◆内容説明

写真では分かりずらいですが、防水紙が劣化しています。
防水紙が劣化するのを知っている会社は、値段が高くて
も、耐久性の高い防水紙を選んでいます。

サイディング等の外壁仕上げから雨が入らなければ、
劣化しても影響はないですが、シーリング切れや、継目
から雨が入ることもあるので、防水紙の耐久性は重要です。

 

◆対策

耐久性の高い防水紙を選ぶ。

建てる前の個別相談に来られると、防水紙の指定をする
こともあります。

 

===========================

■(2)編集後記

ある外壁メーカーのAという商品の不具合など。
同じ内容の不具合の検査が続く場合があります。

商品自体がおかしければ、日本全国で不具合が出ます。
けれど、検査を依頼してくるのは、異常に気付いた方だけ
で大半の方は、知らないままになっています。

メーカーは、問題ないという回答をしていますが、おそらく
商品改良すると思います。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影