ブログ

事例641『基礎断熱材未施工』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
普段なかなか休みが取れないため
年末年始はたくさん遊びました。
体の疲れは残っていませんが、筋肉痛が少し残っています。
今年は運動不足解消を心がけたいと思います。
■(1)今回の事例________
「基礎断熱材未施工」
_________________
 
基礎断熱未施工
◆写真解説
人通口部で段差になる部分。基礎断熱材の施工忘れ。
断熱材が全くないため、冬場結露を起こしやすい。
◆内容説明
基礎断熱仕様の家の外周基礎部の内側。
出っ張っている部分に断熱材を施工し忘れた。
完成時、1回だけの検査で
床下を確認し、発見しました。
床下が密閉状態になる基礎断熱。
十分な換気設備がないと、
断熱工事ミス部で結露を起こします。
◆対策
1階の床をふせる直前。または、
完成時に床下をチェックする。
======================
■(2)編集後記
新年早々、裁判関連の仕事に追われています。
裁判関連の仕事は、時々、相手弁護士からの個人攻撃を
受けますし、道理に合わないと思うこともたくさん出てきます。
また、私が動けば動くほど、依頼者に費用の負担をかけて
しまいます。
そんな理由で、好んで行う仕事ではありません。
それでも、やっている理由は、
欠陥住宅予防に力を入れる上では、問題解決を自ら行い
知識を得る必要があります。
トラブルのことを知らないで、その予防はできません。
今、2件ほど立証に苦しんでいる現場があります。
費用をいくらでもかければ、立証は容易です。
ただ、使ったお金に比例し、裁判が有利になる
こともありません。
日々期限が迫る中、打開策をいろいろ考えています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影